デジタルマーケティングLINE学科 > ビジネス > なぜLINEを使っている会社がうまくいのか?

なぜLINEを使っている会社がうまくいのか?

この動画見ましたか??

 ↓

 

 

では、そもそもなぜLINEを使ってビジネスをしている人が

圧倒的結果を出しているのか?

それは時代の波にしっかりと乗れているというのが1つです。

 

 

 

ここで間違ってはいけないのがマーケティングの原理原則は普遍ですが、

扱うツールであったり、消費者の行動はその時代時代によって変わるわけで

 

 

例えば、昔のメルマガ全盛期の時代だったら

いち早くお客のメールアドレスを多数取得できた企業が多大な利益を出しました。

これは企業だけではなく、個人もそう。

 

 

次はPPC広告これも最初にやった人が 数億円 というお金を動かせる人になったわけです。

 

 

結局は、いかに素早く動けるかこれが肝になるわけですよ。

よく「あぁーあの時やっとけばよかった…」っていう人は

絶対にやらないし、成功できない。

 

それじゃ遅いわけ、ソフトバンクの孫正義さんもおっしゃっているように

確実性があることにいち早く参入すべしと

 

 

ほとんどの売り上げが上がっていない人とか結果を出せてない人は

この判断力のスピードが遅すぎる

 

私から言わしてもらえば、

 

『無知すぎる』

 

ということ、

 

ビジネスをやる上で市場の流れをしっかりと判断できないというのはもはや致命的で

一生稼いでいく気がないのか?と

 

だって我々は会社員じゃないわけで、

自分で自分の生き方や収入、を決めなくてはいけない

 

その中で、会社員と同じような甘い考えで成功できるほど世の中甘くないわけですよ。

ちなみに、どこの企業も当然のように市場調査はするからね。

 

と、いうことでなぜLINEがこれからの時代で必須なのかというと

 

それは圧倒的なダウンロード数

たった6年で7000万ダウンロード数

 

これは

・facebook 2800万

・ツイッター 4500万

・youtube 5000万

 

と群を抜いて圧倒的な1位

 

 

 

さらには、アクティブ率

いわゆる毎日使っているユーザーの数、

これが70.8%いるわけです。

 

そして何より今日において

LINEでできないことはほとんどなくなっているわけです。

 

例えば、

 

・ピザの宅配サービス

・ヤマト運輸との提携で荷物の宅配

 

さらには金融、いわゆる財閥とも提携している

 

そして、最近では

 

 

現在、日常生活でLINEがここまで浸透しているのはもう考えたら当たり前のようにわかる。

 

さらに考えてみると

どこかのグループの輪に入り、仲良くなったとした時に何で連絡先を交換します??

 

「手紙書くから住所教えてよ!!」

「メール送るからメールアドレス教えてよ!!」

 

という、人は見かけたことがない。

いや、ほんといたら独自の路線を貫いているので感心する。

 

 

 

しかし、ここまでデーターや市場を見ても一目瞭然なわけですが、

それでもなお、まだLINEの重要性を説かずに、メルマガのマーケティングを教えているところが多数ある。

 

しかも、昔の中小企業が圧倒的に多い。

 

 

そこで弊社でもメルマガとLINEのあらゆるテストをしまくったわけです。

もう研究に研究を重ねて、いわゆるオタクレベルで、

これはあれかな?デジタルマーケティングオタクっていうのかな?

 

それはさておき、

 

 

facebook広告 ⇨ メルマガ or LINEと成約率をABテストしました。

文章は一切変えずに、LINEに変えただけ、

ただそれだけなのに、売上が2.3倍に上がったわけです。

 

 

そして、メルマガのクリック率

メルマガ平均2〜3%の平均ですが弊社や我々のパートナーがやっても

LINEでのクリック率は30%超え

いわゆる10倍近く変わる

 

 

さらには、販売までのスピード

メルマガの場合は3〜6ヶ月が基本でした、

しかし、LINEに変えてから1ヶ月〜3ヶ月のスピードで成約まで至るようになったわけです。

 

 

 

それだけ、大きな違いがはっきりしているのに、どうしてLINE使わないんだろうなと。

そこで我々も考えたわけですよ。

で、結論が出ました。

使い方がわからないのか?というになったわけです。

 

 

だからこそ、このビジネスのチャンスを多くの人に知っていただきたくためにブログを書いています。

  
↓LINE自動配信システムの詳細は下の画像から↓