デジタルマーケティングLINE学科 > コラム > 与えるでつながる世界

与えるでつながる世界


これからお話しするのは

 

「与えたら、与えられる」

 

というお話です。

 

僕が人生を諦めかけた時に、ある社長さんに言われて助けられた言葉です。

 

僕は大阪の端っこにある熊取(くまとり)という町で生まれました。

 

 

山﨑弘章(やまさき ひろあき)といいます。

僕は、いま初めて学校を運営しています。

 

 

僕たちはそこで各業種の技術をソーシャルメディアを使って世の中の多くの人に届ける、

デジタルマーケティングというものを教えています。

 

 

僕たちは、2000人以上の経営者のパートナーさんのマーケティングの支援をし、

技術やサービスを求めているお客様に届けるお手伝いをさせてもらっています。

 

 

 

 

 

そして、僕のパートナーさんが本を出版したり、

 

 

 

テレビやラジオに出演し、有名になって、
日本には僕の学校にしかない、
ソーシャルメディアマーケティングの経営学校です。

 

 

どこでも教えていないから、
学ぶことができません。

だから、自分たちでがんばってつくりました。笑
でも本当は、僕は先生になりたくなかったんです。

 

 

 

僕は大阪のはしっこにある
熊取っていう町で生まれました。

 

 

物心がついた頃、
だいたい3歳ぐらいですかね。
それから中学校卒業まで、
ずっと祖父母に育てられていました。

 

 

僕には弟がいます。
弟は先天性の病気を抱えている、
いわゆる障害者です。

 

 

だから両親は、毎日まいにち、
ずっと弟の病院に通っていたんです。
母さんは病院で寝泊まりしていたそうです。

 

 

そういっても寂しい思いがあったかというと、
あんまりわからないです。
しかし、誰かに認めて欲しいと思いは、
誰よりも強かったのかもしれません。

 

 

3歳の僕は幼稚園ではやんちゃ坊主で、
先生のズボンを下ろして怒られたり、
ものを隠したりしていたそうです。
ほんと、憎たらしい子供ですよね。(笑)

 

 

そして小学生、中学生へと上がっても、
やっぱりやんちゃ坊主でした。
先生に怒られていたのは今でも覚えています。

 

しかし、今考えると誰かに認めて欲しかった
ただ、それだけだったのかもしれません。

 

とにかく、教師なら教えたくないような
子供だったってことです。
だから、先生はやりたくないなって
思っていました。(笑)

 

 

 

当時、やんちゃだった僕は、
先生に散々叱られました。
僕が問題を起こすたびに母さんは、
学校に謝りにきていたそうです。

 

あるとき母さんは、
僕を連れ出しました。

 

10分ほど車にゆられて、着いた場所は、
弟が通っている障害者の運動活動でした。

 

 

そこで僕は、はじめて弟の通う
障害者のボランティア活動に参加しました。
たくさんの障害を持つ子達と触れ合いました。

 

他の環境では、
誰にも認めてもらえなかった僕でしたが、
そこでは

 

「お兄ちゃん、お兄ちゃん!」

 

 

と皆が慕ってくれて、皆の役に立てて、
本当にうれしかったんです。

 

 

でも、僕は学校で先生に言われてたんです。

 

 

「自分のこともろくに出来なければ、一生人の役に立つような人間になれない」と。

とても、悲しくなりました。

 

 

勉強ができたわけではなく、
また何かの才能を持っていたわけでもない僕は、
とっても悩みました。

 

自分は一体何をどうしたらいいんだろう。って

 

それから僕は大人になり、
レストランのサービス業に出会いました。
それは、僕にとって天職だと思いました。(笑)

 

人が自分のサービスで、
笑顔になって、楽しかったと言ってくれる
その言葉が僕には、どれだけ嬉しいことだったか。

 

サービスでは日本1のサービスマンを目指し、
日々、努力を怠りませんでした。

 

 

当時はフレンチのサービスをしていたので、
フランス語と料理だけでなく、
フランスの歴史・背景まで必死に勉強しました。

 

そして、サービスの仕事も落ち着きだした頃、
実家に帰りました。
久しぶりに、母さんとゆっくり話をしました。

 

弟が、学校を卒業して
支援の職場で働くことになったそうです。

 

母「信次の給料がどれくらいか知ってる?」

 

普通の会社勤めの方と同じ、
週5日、8時間労働のお給料です。

 

とはいっても、弟は障害者ということもあり、
普通よりもすこし少ないはずです。

 

僕は「10万くらい」かと母さんに尋ねました。

 

そしたら母はこう答えました。

 

「それが、7000円なの」

 

僕はその時、思い出しました。
学校で、やんちゃで成績も良くなかった僕は、先生に

 

「自分のこともろくに出来なければ、

一生人の役に立つような人間になれない」

 

と言われて、
とっても悲しくなりました。

 

 

先生の言う通り、
僕は人の役に立つような
人間じゃないのかもしれません。

 

当時、僕は6畳一間の
家賃30000円の部屋で暮らしていました。

 

 

サービスの仕事では自分のサービスで、笑顔になって、
”楽しかった”と言ってくれるお客さんが沢山いました。

 

 

でも、僕には守らなければいけない
大切な家族がいます。

 

 

 

サービスを一生懸命勉強しても、
僕に弟を守っていくことはできませんでした。

 

僕は悩んで、自分でも稼いでいるけるための
仕事の勉強をし始めました。

 

 

人生で初めての寝不足で倒れるくらい必死で勉強しました。
その勉強の費用に、
全部で500万円の借金をつくりました(笑)

 

 

 

しかし成果は、なかなか出ませんでした。

 

 

全部自分で「どうにかしないと」と思って、
たったひとりでずっと抱え込みました。
すごく自分を責めました。

 

 

東京に住み込みでも働きにいって、
そこでもたくさんの人に騙されました。

 

 

やがて僕の心は歪んでしまいました。
自分のために平気で嘘もつけるようになりました。
相手の人のことはひとつも考えませんでした。

 

 

 

やがて、売り上げだけが増えていきました。
しかし僕は人の役に立つような人間になれてませんでした。

 

 

そんな時に、知り合いの紹介で、
ある社長さんに出会いました。

 

 

その社長さんが僕に教えてくれたんです。
ひとに与えるひとは、ひとから与えてもらえるんだよ
君は本当は与えることができる人だから、きっと素敵な社長になれる」

 

 

ところが、僕は人の上に立つ人は
何か特別なことが出来なきゃいけないと
勝手に思い込んでいました。

 

だから自分の可能性を諦めてました。

 

 

でも、その社長さんが言ってくれたんです。
君には人を笑顔にさせる強みがあるじゃないか。」
正直すごく嬉しかったです。

 

 

社長さんには、
私では到底かなわないビジネスの経験と知識がありました。

 

 

しかし僕には最新のソーシャルメディアのビジネスができました。
だから、僕も人の役に立てたんです。

 

 

僕たちは協力して、
ソーシャルメディアとマーケティングを使って、
色んなサービスをお客さんに届けるお手伝いができたんです。

 

 

今では2000人以上の経営者のパートナーさんに
デジタルマーケティングの支援をして、

 

 

技術やサービスを求めているお客様に
それを届けるお手伝いができて、
そして、僕のパートナーさんが有名になってくれて、
本校の仲間である異業種の経営者さん同士でビジネスが発展したりして、

 

 

たくさんの生徒さんに

 

 

「先生のお陰で、経営が発展しました」
「この学校でたくさんの経験と、かけがえのない仲間ができました」など

 

 

うれしい言葉をいただきます。

 

こんな僕でも人の役に立てるんです。
人を思いやるって大事です。

 

人に与えるひとは、人から与えてもらえる」んです。

 

みんなが与え合えたら、素晴らしいですね。

 

僕の長い話がやっと終わります。
僕は小さい頃から

 

 

「誰かに認めて欲しい。人の役に立つような人間になりたい」

 

 

と思ってました。

 

 

でも、お前はできるわけないって
さんざん言われました。

 

でも、社長さんは

 

与えれば与えられる

 

って教えてくれました。

 

 

何もできることが無いなんて思い詰めること無いんです。
その気持ちさえあれば、人の役に立てるんです。
そして、最後にもう一つ。
僕の大事にしている言葉があります。

 

 

いつか、つながる

 

 

って言葉です。

 

 

僕達の学校には様々な
経営者さんが集まってます。

 

みんな自分のためじゃなく、
誰かの役に立ちたくて
事業をしている人ばかりなんです。

 

 

僕は社長さんと「与える」気持ちを
大切に事業を始めました。

 

 

だから、そんな人たちに巡り会えたんです。
そして、それが今の学校に繋がったんです。

 

 

 

与える心があれば、
素晴らしい人たちに出会えます。
そして、それが事業にも繋がっていくんです。

 

 

きっと、いつか、あなたとも
繋がれると信じてます。

 

 

その時は、お互いに助け合っていきたいと思います。

 

 

 

ということで僕もこれからもがんばりますんで。
これからも、ぜひ仲良くしてほしいです。
最後まで、ほんとにどうもありがとうございました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

●追伸

現状、売上に伸び悩んでいる、年々売上が落ちている、集客ができない人のために

1時間の無料相談を実施中、今すぐに『『無料相談』』とメッセージをください

無料相談を受ける(無理な勧誘はありません)

 

 

●オープンキャンパス

我々が運営をするLINE学科の大阪校と東京校の勉強会を無料で1度、受けて勉強したい人は

『オープンキャンパス』とメッセージをください。

オープンキャンパスを無料で受ける

 

 

●再追伸

デジタルマーケティングLINE学科に興味がある人は

今すぐに『詳細』とメッセージをください。

無料でLINE学科の詳細を知る(LINEに飛びます)

 

  
↓LINE自動配信システムの詳細は下の画像から↓